HOME >> 出版 >> 会報ハーモニー

会報ハーモニー最新号ご案内

○合唱専門誌として、全日本合唱連盟会報として、合唱情報をみなさまにお伝えします。
○1月・4月・7月・10月の各月の10日が発行日です。
○A4版約120ページに情報を満載しています。
○全日本合唱連盟加盟団体のみなさまには、各県合唱連盟を通じてお送りしています。
○個人的にお求めの方は、年間購読をご利用ください。単品、バックナンバーもお求めになれます。

ハーモニーNo.188(春号)発売中!

 
◆落語は音楽だ!
 噺家生活40周年を迎えた上方落語のプリンス、桂米團治さんへのロングインタビュー。「おぺらくご」をはじめとする多彩な活動で知られる米團治さんが、見失いたくない“王道”とは。

◆ヤマカズさん合唱を語る
 世界に羽ばたくマエストロ、山田和樹さんへの聞き書き連載がスタートします。第1回は、東京混声合唱団を率いる立場として、いま考えている“改革”について。

◆名曲シリーズNo.48へのアプローチ
 コンクール課題曲全曲を、各方面の専門家が解説します。今年は「小学校版No.1」も登場!シベリウス作品に必要なフィンランド語、スウェーデン語の発音入門も掲載しています。

その他、国内外の合唱ニュース満載の112ページ。別冊付録(朝日作曲賞佳作受賞作品楽譜)つき。4月10日発行です。

       (2019年4月1日)

No.188 (2019.4.10 発行、春、ページ数: 112)

  • 主な内容
    • あらわすひとびと37「落語って音楽だなと思いますね」(五代目桂米團治、清原浩斗)
    • 追悼・大中恩「メグちゃんのこと」(新実徳英)
    • ヒデさんは観た!「神奈川県庁合唱団第43回サロンコンサート」「女声合唱団花の風First Concert」(辻秀幸)
    • マエストロ・ヤマカズ合唱をおおいに語る1(山田和樹)
    • 児童発声と合唱2(河合孝夫)
    • 江上孝則の「本当はこういう意味の音楽用語」25(江上孝則)
    • 偏屈ヴォイトレの辛口合唱論24(橋本靜一)
    • 今こそ歌い継ぎたい名曲36「Ave Maria」(村松玲子)
    • 歌を生む・歌を育てる〜わたしたちの委嘱作品20「心の扉」(鈴木いく子)
    • 名曲シリーズNo.48へのアプローチ(金川明裕、那須輝彦、松原千振、萩京子、川浦義広、宮崎晴代、清水敬一、木下牧子、辻康介、谷口ひろゆき、鈴木茂明、横山潤子)
    • 名曲シリーズ小学校版No.1 選曲にあたって(今井邦男)
    • フィンランド語の発音入門(橋本ライヤ)
    • 合唱団のためのスウェーデン語発音入門(當野能之)
    • 歌のふるさと〜歌碑をたずねて72「さくら横ちょう」(山口敦)「早春賦」(島崎朋子)
    • 別冊楽譜「黄色い薔薇」(西田直嗣)
  • 巻頭言
    • 佐藤隆紀(テノール/LE VELVETS)
  • 新刊紹介
    • 今日もひとつ(なかにしあかね)
    • ふるさとのように(山下祐加)
    • 日本・四季の旅(山中惇史編曲)
    • 印象(市原俊明)
    • 三つのソネット(鈴木輝昭)
    • いのりのとき(上田益)
    • あれは風だったのですか(信長貴富)
    • まんてんのほし(名田綾子)
    • 永瀬清子の詩による三つの情景(篠田昌伸)
    • 風のカンタービレ(源田俊一郎)
    • 橋上の人(田三郎)
    • 愛の日に(面川倫一)
    • 縄文土偶(三善晃)
    • ペルホネンのレター(相澤直人)
  • CD紹介
    • J.S.バッハ:ミサ曲ロ短調BWV232(クリスティ指揮レザール・フロリサン)
    • ペルゴレージ:ミサ曲ニ長調、モテット「然るべき賛美の歌を」(プランディ指揮ギスリエーリ合奏団・合唱団)
    • ただたけだけコンサートvol.5 in 火の国(伊東恵司指揮なにわコラリアーズ)
    • バーンスタイン:ミサ曲(ネゼ=セガン指揮ウェストミンスター交響合唱団,テンプル大学コンサート合唱団、アメリカ少年合唱団)
    • ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス(鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン)
  • フォトレポート
    • 「ルネサンス・ポリフォニー選集」出版記念コンサート
    • 大中恩先生の思い出
    • 70周年記念日本のうたごえ祭典
    • 全日本合唱連盟主催2019年度の講習会