HOME >> 出版 >> 会報ハーモニー

会報ハーモニー最新号ご案内

○合唱専門誌として、全日本合唱連盟会報として、合唱情報をみなさまにお伝えします。
○1月・4月・7月・10月の各月の10日が発行日です。
○A4版約120ページに情報を満載しています。
○全日本合唱連盟加盟団体のみなさまには、各県合唱連盟を通じてお送りしています。
○個人的にお求めの方は、年間購読をご利用ください。単品、バックナンバーもお求めになれます。

ハーモニーNo.200(春号) 発売中!

 ハーモニーNo200

◆「言葉を伝える」達人にきく、テキストとの向き合い方

 ロングインタビューのお客さまは、落ち着いた語り口で絶大な信頼を誇るアナウンサー加賀美幸子さん。言葉を伝えることと自分の表現にすることは、どう共存できるのでしょうか。

◆名曲シリーズへのアプローチ

 今年のコンクール課題曲が出揃いました。「No.50」および「小学校版No.2」の収録曲をさまざまな角度から全曲解説します。歌う人にも聴く人にも役立つヒントがたくさん。

◆創刊から半世紀〜ハーモニー200号に寄せて

 本誌は今号でついに通算200号!連盟内外のさまざまな方から届いたメッセージをご紹介します。

◆「この曲歌ってよかったね」と言われたい

 作曲家シリーズ6回目には大熊崇子さんが登場。中学生向けの教材から味わい深い組曲まで、着実に広がってきたその作品世界に一貫するものとは…。

その他、国内外の合唱ニュース満載の108ページ。別冊付録(朝日作曲賞佳作受賞作品楽譜)つき。4月10日発行です。

(2022年4月1日掲載)

No.200 (2022.4.10 発行、春、ページ数: 108)

  • 主な内容
    • あらわすひとびと47「内容を伝えることこそが『自分を出す』こと」(加賀美幸子、辻秀幸)
    • 合唱マンガ「ある日の合唱団」(ぴらさん)
    • ヒデさんは観た!「Edition ICOT オール新作演奏会」「混声合唱団鈴優会第31回定期演奏会」
    • まつもと市民オペラ「山と海猫」(辻秀幸)
    • 2022こどもコーラス・オンラインフェスティバル(玉川昌幸)
    • 合唱活動における新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドライン第3.1版概説
    • 2021おかあさんコーラス・オンラインフェスティバル
    • 2021全日本男声合唱オンラインフェスティバル(清原浩斗)
    • おうちでできる声のメンテナンス8「想像力を巡らせて」(紙谷弘子)
    • 創刊から半世紀〜ハーモニー200号に寄せて(岸信介、池辺晋一郎、新実徳英、松下耕、洲脇光一、香月ハルカ、中村義朗、相澤直人、福永一博、文吾、坂元勇仁、名島啓太、堀内征治、河村泰志、中嶋啓文、野村維男)
    • 名曲シリーズNo.50/小学校版No.2へのアプローチ(金川明裕、宮崎晴代、上西一郎、新実徳英、根岸宏輔、今谷和徳、辻秀幸、上田真樹、那須輝彦、大島博、千原英喜、宮本正太郎、松下耕、永ひろこ、糀場富美子、長谷川冴子、桑原春子)
    • 江上孝則の「本当はこういう意味の音楽用語」37(江上孝則)
    • 今こそ歌い継ぎたい名曲48「山本純ノ介氏の混声合唱作品の魅力」(辻志朗)
    • 続々・日本の作曲家シリーズ6「大熊崇子」(大熊崇子、片岡輝、橋本祥路、本山秀毅)
    • 歌のふるさと〜歌碑をたずねて83「春よ来い」(前田裕子)「みかんの花咲く丘」(北川裕)
    • 別冊付録楽譜「再会」(屋嘉比芝光)
  • 巻頭エッセイ
    • 織田祥代(ピアニスト)
  • CD/DVD紹介
    • J.S.バッハ:マタイ受難曲(鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン)
    • J.S.バッハ:マタイ受難曲(マウエルスベルガー指揮ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団、ドレスデン聖十字架教会合唱団)
    • フォーレ:レクイエム他(クリュイタンス指揮エリーザベト・ブラッスール合唱団)
    • ジェズアルド:マドリガーレ集第5巻(ヘレヴェッヘ指揮コレギウム・ヴォカーレ・ヘント)
    • J.S.バッハ:マタイ受難曲(ラーデマン指揮ゲヒンガー・カントライ)
    • 武満徹合唱作品集 風の馬/うた(当間修一指揮大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団)
  • フォトレポート
    • 合唱ファンのための全国ホール探訪6「昭和女子大学人見記念講堂」(山口敦)
    • 全日本合唱連盟2022年度の全国大会
    • まつもと市民オペラ第7回公演「山と海猫」