第11回JCAユースクワイア

【と き】 リハーサルキャンプ:2022年3月22日(火)〜3月25日(金)
      コンサート:2022年3月26日(土)
【ところ】 カトリック浦上教会(浦上天主堂/長崎)
【指 揮】 Ēriks Ešenvalds (エリクス・エシェンヴァルズ/ラトビア)
【主 催】 全日本合唱連盟・朝日新聞社
【後 援】 駐日ラトビア共和国大使館、日本ラトビア音楽協会
【主 管】 長崎県合唱連盟
※入場券のご予約開始は1月下旬を予定しています。

出演者

◆指 揮:Ēriks Ešenvalds (エリクス・エシェンヴァルズ/ラトビア)

◆アシスタントコンダクター:山口 雄人(京都府)

◆ソプラノ:磯部 里奈(愛知県)、伊藤 咲(神奈川県)、加藤 美月(福岡県)、田島 知奈(佐賀県)、津志田 真由子(宮城県)、徳田 裕佳(東京都)、殿岡 真衣(静岡県)、古川 栞(東京都)、山口 愛(長崎県)、横山 瑞希(神奈川県)

◆アルト:内堀 史佳(東京都)、小野 馨(岐阜県)、上村 誠一(福島県)、菊池 茉友(北海道)、佐々木 優実(山口県)、島田 日花(千葉県)、瀬戸 翔吾(埼玉県)、森園 あや(福岡県)、森近 ひびき(福岡県)、吉村 正恵(広島県)

◆テノール:伊藤 貫太(大分県)、管 英権(福岡県)、菊地 海杜(福島県)、下薗 大樹(兵庫県)、高松 宏弥(北海道)、竹村 知洋(三重県)、橋本 康平(宮崎県)、原田 和弥(山梨県)、脇坂 典佳(愛知県)、渡辺 穂(兵庫県)

◆ベース:赤坂 佑介(岩手県)、新井 龍太郎(群馬県)、石原 祐希(長崎県)、佐藤 颯(福島県)、早川 聖也(長野県)、福田 晃大(熊本県)、松浦 宗梧(福島県)、三浦 達也(岩手県)、満田 洋光(熊本県)、米澤 恒成(山口県)

*括弧内は出身県

曲目

「O Salutaris Hostia」 Ēriks Ešenvalds
「Stars」 Ēriks Ešenvalds
「Rivers of Light」 Ēriks Ešenvalds
「Bogoroditse Djevo」 Arvo Pärt
「Salvation is created」 Pavel Tschesnokoff
「島へ」 武満 徹

指揮者紹介

Ēriks Ešenvalds (エリクス・エシェンヴァルズ/ラトビア)

ラトビア音楽アカデミーで作曲の修士号を取得しラトビア国立合唱団のメンバーとなり研鑽を積んだ後、2011年にケンブリッジ大学トリニティ・カレッジのクリエイティブ・アーツのフェロー・コモナーとなる。以来数々の賞を受賞し、国際的な場で音楽活動や教授を行っている。最近の大規模な初演には「Visions of Arctic: Sea」(リエパーヤ交響楽団)、「The Pleiades」(シカ ゴ・グラントパーク音楽祭)、「Lakes Awake at Dawn」(ボス トン交響楽団とバーミンガム市交響楽団)など。本格的なオペラ 「The Immured」は、2016年にラトビア国立歌劇場で初演され、高い評価を得た。

Ēriks Ešenvalds is one of the most sought-after composers working today, with a busy commission schedule and performances of his music heard on every continent. After study at the Latvian Baptist Theological Seminary and the Latvian Academy of Music, he became a member of the State Choir Latvija. In 2011 he was awarded the two-year position of Fellow Commoner in Creative Arts at Trinity College, University of Cambridge. Since then Ēriks has won multiple awards for his work and undertakes many international residencies working on his music and lecturing.

Recent large-scale premieres include Visions of Arctic: Sea for Saxophone and Liepāja Symphony Orchestra, The Pleiades for Grant Park Music Festival Chicago, Lakes Awake at Dawn for the Boston Symphony and City of Birmingham Symphony Orchestra, Dreams Under your Feet for the Gewandhaus Leipzig, A Shadow for the BBC Proms Youth Choir, St Luke Passion for the Latvian Radio Choir and Sinfonietta Riga, and the major multimedia symphonies Nordic Light and the Volcano Symphony, both premiered in Latvia with further performances around the world. His full-scale opera The Immured was premiered at the Latvian National Opera in 2016 to great acclaim.

His compositions appear on recordings from Trinity College Choir, Cambridge on Hyperion, Portland State Chamber Choir on Naxos, Latvian Radio Choir and Sinfonietta Riga on Ondine, ORA Singers on Harmonia Mundi, and VOCES8 on Decca Classics, amongst others. The most recent release of his choral music is “There Will Come Soft Rains” from the Pacific Lutheran University Choir of the West, directed by Richard Nance, on the Signum label.

eriksesenvalds.com